目指せFire!国内MBA卒の20代社会人の株式運用関連ブログ

米国株・日本株での投資実績、ポートフォリオの状況、投資に至った背景、投資環境に関するレポートを掲載。今後の展望やオススメの情報サイトなどもご紹介します!

【NKE 株価 決算 翻訳】スポーツブランド「NIKE」の22年度Q4決算翻訳

今回はスポーツ専門用品およびアパレル等を提供するNIKE($NKE)の2022年度Q4決算を翻訳致しました。(DeepLで基本的な翻訳を行っております。)

細かな部分については端折っておりますので、投資等を検討される際はしっかりとNIKEのIRをご確認ください。

投資は自己責任でお願い致します。

参考:https://investors.nike.com/investors/news-events-and-reports/?toggle=earnings

f:id:naonaokurokuro:20220630213408j:image

出典:Apple「株価」アプリより  2022年6月29日14時時点

 


◆決算翻訳内容

▶︎四半期ハイライト

  • 第4四半期の報告売上高122億ドル前年同期比1%減、為替レート変動なしベースで3%増。

  • 第4四半期のNIKE Directの売上高は、前年同期比7%増の48億ドル、為替変動の影響を除いたベースでは11%増となりました。

  • 第4四半期のホールセール部門の報告収益68億ドルで、前年同期比7%減、為替変動の影響を除いたベースでは3%減となりました。

  • 第4四半期の売上総利益率は80ベーシスポイント減少し、45%となりました。

  • 販売費・一般管理費は、8%増加し、40億ドルとなりました。需要創造費用は、主にスポーツ・マーケティング費用の増加およびデジタル・マーケティングへの継続的な投資により、6%増加の11億米ドルとなりました。
  • 営業間接費は、戦略的技術投資の増加、NIKE Directの変動費および賃金関連費用の増加により8%増加し、30億ドルとなりました。

  • 実効税率は、前年同期の18.6%に対し、当四半期は4.7%でした。これは、収益構成の変化と、米国外事業のオンショア化に関連した非現金ベースの一時的な利益によるものです。

  • 純利益5%減少14億米ドル希薄化後1株当り利益は0.90ドルでした。また、希薄化後1株当り利益は、前年度比3%減の0.90ドルとなりました。

  • 当社は、取締役会において、4年間180億米ドルの新たな自社株買いプログラムを承認したと発表しました。

  • NIKEのクラスB普通株式を買い戻すための4年間180億ドルの新たなプログラムを承認したと発表しました。

 

 

▶︎FY22決算ハイライト

●損益計算書(PL)

f:id:naonaokurokuro:20220629142109j:imagef:id:naonaokurokuro:20220629142123j:image

  • NIKEブランドの売上は444億ドルで、報告ベースで5%、為替レート変動なしベースで6%増加しました。NIKE Directの2桁成長により、卸売の売上がわずかに減少しましたが、部分的に相殺されました。

  • NIKE Directの売上は187億ドルで、報告ベースで14%、為替レート変動なしベースで15%増加しました。これはNIKEブランドのデジタル売上が18%増加し、NIKE直営店が10%増加したことが要因です。

  • コンバースの売上は、報告ベースで6%増、為替レート変動なしベースで7%増23億ドルでした。これは、消費者向け直販事業の2桁成長に牽引されたものですが、卸売収入の減少により一部相殺されました。

  • 売上総利益率は、運賃および物流費の上昇と第4四半期の中華圏における在庫陳腐化引当金の増加により一部相殺されたものの、ナイキダイレクト事業の利益率拡大、フルプライス販売の構成比向上、ヘッジを含む為替レートの純変動により、120bps上昇し46.0%となりました。

  • 販売費・一般管理費は、14%増加し、148億ドルとなりました。


  • 需要創造費用は、前年同期比24%増の39億ドルとなりました。これは、ブランド・キャンペーンに対する支出の正常化及びデジタル・マーケティングに対する継続的な投資によるものです。

  • 営業間接費は、戦略的技術投資の増加および人件費の増加により、11%増加し、110億ドルとなりました。これは、戦略的技術投資の増加、賃金関連費用およびNIKE Directの変動費の増加によるものです。


  • 実効税率は、収益構成の変化や、米国外の無形資産のオンショアリングに関連する非現金で一時的な利益により、前年同期の14.0%に対し、9.1%となりました。


  • 当期純利益は、前年同期比6%増加の60億ドルとなり、希薄化後1株当り利益は前年同期比5%増加の3.75ドル となりました。

●貸借対照表(BS)およびキャッシュフロー

f:id:naonaokurokuro:20220629142059j:image

  • 棚卸資産は84億ドルで、前年同期に比べ23%増加しました。これは、現在進行中のサプ ライチェーンの混乱によるリードタイムの延長により、輸送中在庫が増加したことによるものですが、堅調な消費者需要に より一部相殺されました。

  • 現金・預金及び短期投資は、フリー・キャッシュ・フローが自社株買い及び配当金により相殺された結果、前年同期比479百万ドル減少し、130億ドルとなりました。

 

▶︎経営陣コメント

ナイキの社長兼CEO:ジョン・ドナホー氏

  • 「ナイキの今年度の業績は、当社のブランドの比類なき強さと、消費者との深い結びつきを証明するものです。」

  • 「革新的な製品のパイプラインやデジタル分野でのリーダーシップの拡大など、当社の競争優位性は、スポーツの未来に貢献するための絶え間ない努力によって価値を創造し、当社の戦略が機能していることを証明しています。」

取締役副社長兼CFO:マット・フレンド氏

  • 「このダイナミックな環境において、ナイキの比類なき強みが引き続き当社の勢いを後押ししています。」

  • 「コンシューマー・ダイレクト・アクセラレーションを実施して2年が経過し、消費者に直接サービスを提供しながら長期的な成長を促進するための体制がこれまで以上に整ってきました。」

◆株主還元政策

  • 成長を促進するための投資と、20年連続の増配を含む一貫した株主への利益還元の実績を継続しています。

  • 第4四半期には、以下を含む約15億ドルの株主還元を行いました。

  • 配当金は、前年同期比11%増の4億8,100万ドルとなりました。

  • 自社株買い戻しは11億米ドルで、これは4年間にわたる150億米ドルの自社株買い戻しプログラムの一環とし て850万株を消却したことを反映しています。

  • 2022年度、当社は以下の通り、約58億ドルを株主に還元しました。

  • 前年度比12%増18億ドルの配当金
  • 2730万株の消却を反映した40億ドルの自社株買戻し

  • 2022年5月31日現在、現行のプログラムにより総額7740万株、87億米ドルの自社株買戻しを実施。

  • 2022年6月、取締役会は、NIKEのクラスB普通株式を買い戻すための4年間、180億ドルの新たなプログラムを承認しました。

 

 

【過去記事】