目指せFire!国内MBA卒の20代社会人の米国株運用実績ブログ

米国株での投資実績、ポートフォリオの状況、投資に至った背景、投資環境に関するレポートを掲載。今後の展望やオススメの情報サイトなどもご紹介します!

【ADBE 株価 決算 翻訳】アドビシステムズのFY22Q2 決算翻訳

今回はソリューションを提供するアドビシステムズ($ADBE)の2022年度Q2決算を翻訳致しました。(DeepLで基本的な翻訳を行っております。)

細かな部分については端折っておりますので、投資等を検討される際はしっかりとアドビシステムズのIRをご確認ください。

投資は自己責任でお願い致します。

参考:https://www.adobe.com/pdf-page.html?pdfTarget=aHR0cHM6Ly93d3cuYWRvYmUuY29tL2NvbnRlbnQvZGFtL2NjL2VuL2ludmVzdG9yLXJlbGF0aW9ucy9wZGZzLzYxNjAyMjAyL2F2bjM0ODk0M3JlcmhzLnBkZg==

https://www.adobe.com/pdf-page.html?pdfTarget=aHR0cHM6Ly93d3cuYWRvYmUuY29tL2NvbnRlbnQvZGFtL2NjL2VuL2ludmVzdG9yLXJlbGF0aW9ucy9wZGZzLzYxNjAyMjAyL2IzNDg5bmVhc2Z1b2hmLnBkZg==

f:id:naonaokurokuro:20220627013259j:image

出典:Apple「株価」アプリより  2022年6月27日1時時点

 


◆決算内容

▶︎ビジネスハイライト

  • デジタルメディア部門の売上32億米ドルで、前年同期比+15%、恒常為替レートベースでは+16%の増収となりました。

  • クリエイティブ部門の売上高26億1,000万ドルで、前年同期比+12%、恒常為替レートベースでは+14%の成長となりました。

  • ドキュメント・クラウドの売上は5億9,500万ドルで、前年同期比+27%、恒常為替レートベースでは+28%の成長でした。

  • デジタルエクスペリエンス部門の売上11億ドルで、前年同期比+17%、恒常為替レートベースでは+18%となりました。

  • デジタルエクスペリエンスのサブスクリプション収入9億6,100万ドルで、前年同期比+18%の成長となりました。

▶︎財務ハイライト

  • 2022年度第2四半期に、前年同期比+14%、恒常為替レートベースでは+15%となる43億9000万ドルの記録的な収益を達成しました。

  • 希薄化後1株当たり利益は、GAAPベースで2.49ドル、非GAAPベースで3.35ドルでした。

  • 第2四半期のGAAPベースの営業利益15億3,000万ドル、非GAAPベースの営業利益は19億7,000万ドルでした。

  • GAAP基準の当期純利益は11億8,000万ドル、非GAAP基準では15億9,000万ドルでした。

  • 営業活動によるキャッシュ・フローは、20.4億円の純収入となりました。

 

 

▶︎株主還元政策

  • 当四半期終了時点の残存履行義務(RPO)は138億2,000万ドルでした。(当四半期に約190万株の自社株を買い戻しました。)

▶︎ガイダンス

  • 以下を織り込んだ2022年度第3四半期および通期の目標値を更新しています。

  1. 株式報酬に関連するタックスベネフィットが予想より低いことによる実効税率の上昇
  2. ウクライナで進行中の戦争の影響、およびアドビがロシアとベラルーシでの新規販売をすべて中止することを決定したこと
  3. 2022年度第3四半期及び第4四半期の売上高に含まれる1億7,500万ドルの為替による追加的な逆風。
  4. 第3四半期に夏の季節性があり、その後第4四半期が順次好調に推移したこと。
f:id:naonaokurokuro:20220627005138j:image

▶︎経営陣コメント

アドビシステムズCEO:SHANTANU NARAYEN

  • 第2四半期の売上高は、前年同期比15%増の43億9,000万ドルとなり、過去最高を達成しました。

  • デジタルメディア事業では、Creative Cloud と Document Cloud の両事業で力強い成長を遂げ、32 億米ドルの売上を達成しました。デジタルメディアの ARR は 4 億 6,400 万ドルとなり、第 2 四半期末のデジタルメディア ARR 合計は 129 億 5,000 万ドルに増加しました。

最高事業責任者(CBO):DAVID WADHWANI

◯クリエイティブクラウド事業について

  • 破損した写真を数秒で検出して復元する「写真復元ニューラルフィルタ」など、Photoshopの強力な新機能を発表しました。

  • ニューラルフィルターは、Photoshopで最も利用されているAI搭載機能の一つで、現在、数百万人のユーザーに利用され、数億枚の画像に適用されています。

  • Substance 3Dは、HUGO BOSS、Mattel、Unityなどの顧客が、ファッション、ゲーム、eコマースなどの分野で没入型体験を提供するために利用しているため、第2四半期は過去最高の売上を記録しました。

  • また、Substanceチームは、3D機能をアプリケーションに統合したいと考える開発者向けに新しいSDKを提供しました。

  • 私たちは、背景除去、QRコード生成、ビデオサイズ変更、PDF編集など、Photoshopイメージング、Premiereビデオ、Acrobat PDFの機能の魔法をExpressにもたらし続けています。

  • また、ContentCal の買収により、新しいコンテンツスケジューラー機能をリリースし、クリエイターはソーシャルメディアコンテンツの作成、プレビュー、スケジュール、公開を迅速に行えるようになりました。

  • これにより、2億以上の企業がAdobe Expressを利用してオンラインプレゼンスを向上させることができるようになります。

 

 

◯ドキュメントクラウド事業について

  • 私たちのドキュメント・クラウド・ビジネスでは、デジタル・ドキュメント・ワークフローが、私たちの個人生活や職業生活における手動によるペーパー・プロセスを自動化しています。

  • Adobe Document Cloudは、あらゆるデバイスとプラットフォームでドキュメントの生産性を向上させる、最も包括的で直感的なツールを提供します。

  • 教育分野では、The University of East LondonがDocument Cloudを採用し、135カ国から集まる17,000人の学生の入学に伴うワークフローを管理しています。

  • 金融サービス分野では、TSB銀行が、これまで支店でしか行えなかったローン申請などの一般的な作業を迅速かつ安全に行えるようにすることで、オンラインバンキング体験を変革しています。

  • 第2四半期には、ドキュメント・クラウドの新規ARRが1億700万ドル、売上が5億9500万ドルとなり、前年同期比28%増を記録しました。

デジタルエクスペリエンス部門代表:ANIL CHAKRAVARTHY

  • Adobe Analyticsの何兆ものデータポイントを活用した6月のAdobe Digital Indexレポートによると、5月の消費者のオンライン消費額は4月と比較して10億ドル増加したことがわかりました。

  • 現在までのところ、買い物客は 3,770 億ドル以上をオンラインで消費しており、これは前年同期比で約 9%増となっています。

  • Adobe Experience Platform上に構築されたアドビのReal-Time Customer Data Platform(Real-Time CDP)は、あらゆるチャネルにおける顧客データの単一ビューを企業に提供し、顧客がいつ、どこでブランドと接触したかにかかわらず、正確なセグメントを作成してパーソナライズした体験を提供することを可能にします。

  • ホームデポは、デジタルビジネスを支える基盤プラットフォームとしてアドビのReal-Time CDPを採用する、業界をリードする大規模な顧客グループの最新の一例です。

  • RealTime CDPは、eコマース、モバイル、店舗での購入など、The Home Depotの顧客に関する包括的なビューを提供し、顧客ロイヤルティの構築とビジネスの成長を可能にします。

  • 第2四半期は、エクスペリエンス・クラウドの卓越した成長を継続し、過去最高の11億ドルの売上高を達成しました。当四半期のサブスクリプション収益は9億6,100万ドルで、前年同期比18%増となりました

最高財務責任者(CFO):DAN DURN

◯PLとBSについて

  • 当四半期は、マーケティング・キャンペーンや研究開発・販売組織における人員増強など、成長を促進するための規律ある投資に引き続き注力しました。

  • アドビの第2四半期の実効税率は、GAAP基準で21%、非GAAP基準で18.5%でした。GAAPベースの税率が上昇したのは、主に株式報酬に関連する税額控除が予想より少なかったことと、利益の地域的な構成によるものです。

  • 当四半期の RPO は 138.2 億ドルで、前年同期比 13%増、為替による 2%の逆風を考慮すると前年同期比 15%増となりました。

  • 当四半期末の現金・預金および短期投資の残高は53億ドルとなり、当四半期の営業活動によるキャッシュ・フローは20億 4,000万ドルとなりました。

以上!

 

 

【過去記事】