【米国株 投資成績】6月24日実績

◆成績サマリー

6月24日 : 8,214,004円

6月14日 : 7,489,300円

追加資金: 490,000円

投資利益:  +234,704円

 

◆ポートフォリオ

▶︎ポートフォリオ構成比

f:id:naonaokurokuro:20210625151748j:image

▶︎投資の方向性

現在は、グロース銘柄の育成と絞り込みを第一とした投資スタイルとなっています。

先週までは有望そうな銘柄に少額ずつ投資していくことをしていました。

先週と方向性を若干変更した理由は、投資した先の値動きのクセが少し把握できたこと、金利の変動が落ち着きつつあること、依然として金融緩和が続くことがわかったこと、そして、各銘柄の業績を細かく把握できたことといった4点を実行できたからです。

まだまだ値動きが荒い銘柄に関しては今後も少額での出資のままです。現在はバリュー銘柄で利益を上げている段階なため、わざわざ大きくリスクを聞く理由はないです。

ただ、そんな中で将来的に利益貢献してくれる銘柄があれば、しっかりと投資していきたい気持ちがあるので、その観点から、クリーンスパーク、ファソムHD、ヤトセンHD、RLXテクノロジー、オーディオアイ、エアティーといった銘柄には20万円以上投資することにしました。

上記の銘柄達でコロナ以降の利益を出してもらうことを祈りつつ、コロナ禍からの回復の際には銀行や飲料、通信、観光関連で利益を出していくようにしています。

以前の投資実績報告で注目していると述べたトレードデスクのリターン率が+35%以上を記録してくれたので、一部売却してしまいましたが、こういった予想外の利益が出てくれないかなぁとファストリーやカーニバルなどに対して密かに思っています

▶︎注目の投資先

  • ファソムホールディングス($FTHM)
  • ヤトセンホールディングス($YSG)

私が今回注目しているのは、不動産仲介業者向けサービスを提供する$FTHM、中国No.1化粧品メーカーの$YSGの2つです。

$FTHMに関しては、以前記事を書かせてもらったのでそちらをご参考ください。

$YSGに関しては、以前から少額で投資していましたが、完美日記(パーフェクトダイアリー)等を展開する化粧品メーカーで、昨年度IPOした中国企業です。

商品ラインナップとしてはアイシャドウ・リップ等のコスメ、ブラシ・スキンケア用品・香水等と幅広く、これらをオンラインや店舗で販売しています。

販売品が化粧品関連なので原価が安く、販売価格も大衆向けな値段です。

ビジネスモデルとしてはシンプルなもので、自社の販売網を活用して自社製品を販売していく垂直統合モデルです。もちろん、Alibabaなどの他社ECを活用していますが、そこでは販売手数料がかかるため、粗利益を高めていくためにも自社チャネルでの販売比率を高めていくはずです。

こちらに追加投資した理由は、高級路線への進出を考えていることが分かったからです。まだ具体的な手段(買収?自社開発?)はわかりませんが、個人的には中国版ロレアルになってくれることを期待しています。

ブランド構築のためにはプロモ費用や研究開発費用がかかるかもしれませんが、それをものともしないぐらいの価格帯で販売し続けることができる可能性があります。こういったハイブランド化は、財務体質をより良くしていきますので、かなり期待しています。

f:id:naonaokurokuro:20210625165443j:imagef:id:naonaokurokuro:20210625165447j:image

Investing.comより

▶︎個別銘柄の損益成績

f:id:naonaokurokuro:20210625150208j:image

個別の銘柄成績としては、今週はトレードデスク($TTD)が圧倒的でした。

他の保有銘柄もプラス傾向ではあります。特にバリュー銘柄達がどっしり構えてくれているからか、グロース銘柄への投資を安心して行なっていけております。

ただ、そのせいか、投資が過ぎるリスク銘柄がいくつか散見されるので、こちらはしっかりバランスとっていこうと思います。主に中国銘柄($RLXや$YSG)からは少ないリターンと一緒に投資額を1/3程度にしようと思います。

他にも少し気にしているのは、多めに投資しているが、今後の伸びがあまり期待できない高配当銘柄の処分方法です。具体的には、ボーダフォングループ($VOD)、モバイルテレシステムズ($MBT)、の2銘柄のことで、どちらも通信銘柄です。

特にボーダフォングループについては、すぐさま捨ててやりたいくらいです笑

ただ、これらの銘柄はかなりの高配当銘柄です。

ぶっちゃけ持っていれば良いのですが、資金流動性が下がります。あと3年で1億円超えることを考えれば、あまり配当銘柄に資金を埋めておくわけにはいかないのです。

「それなら投資するなよ。」と思いますが、値動きが激しかった時期には期待リターンが良かったのです。。。

強力な銘柄を発掘したら売却・損切りを行うことを心の決めておりますが、、高配当で安定した銘柄なので、、、悩みどころです。

◆今後

今後はグロース銘柄の発掘・分散投資・絞り込みを中心に考えつつ、バリュー株の売却タイミングを見つけることかなと思っています。

いつも早く売り過ぎてしまう傾向にあります。

例えば、現在好調な海運に関しては、昨年12月から注目して3月まで保有して売却してしまったら、絶好調な石油関連は昨年の8月から保有していましたが昨年12月くらいには売ってしまったりしていました。こういったことがないように、保有しているのが怖いと思わずにしっかりホールドしておこうと思っています。少なくともコロナ前の価格帯になるまではホールドしたいですねぇ…。

以上、米国株の投資実績でした!

前回の実績はこちら!

コロナからの回復を見込んだ銘柄についてはこちら!