【2月9日】米国株の運用実績&取引状況

 

◆成績サマリー

・円換算

運用額  :8,855,641円

前日運用額:8,855,829円

前日比  :         -212円

・ドル換算

運用総額:  $84,645

前日総額:  $83,909

前日比 :     +$736

f:id:naonaokurokuro:20210210105434j:image

出典:SBI証券口座サマリーより

◆変動要因

昨夜はダウが-0.03%で、ナスダックが+0.14%という市場の中で、私の運用総額は日本円ベースですと-212円のマイナスでした。市場の変動は結果的には抑えめという感じでしたが、為替が大きく動きました。私がスクショしたタイミングで恐縮ですが、一昨日の為替レートが1ドル=105.54円だったところ、本日11時ごろの為替レートが1ドル=104.62円とのことで、-0.87%も変動がありました。

そのため、今回の私の運用総額がマイナスになった要因は為替の影響ということになります。私は経済のプラではないので、何故こんなに変動があったかはニュースの内容を鵜呑みにするしかありません。今後はよく勉強したいと思います。

 

一方、ドル換算なら+$736ドルと良い成績でした。好調だった要因は、パランティアテクノロジーズとアップフィンテックHDが大きくプラスに変動したからです。ただ、上記銘柄に頼るのは良くないのですが、そもそも上記2社への投資金額はかなり少ないながらも大きくプラスになってくれただけなので、リスクはかなり抑えられていると思っています。上記の2社以外にも、比較的多めに投資しているマイムキャストが上がってきたことも寄与しています。元々決算も良かったですし、無駄に下落していた最中でもあったので、今後も期待してホールドしたいと思います。

 

◆vs.S&P500パフォーマンス

MyPFの運用率 :   +0.88%

S&P500連動ETF:    -0.08%

f:id:naonaokurokuro:20210210111838j:image

出典:Apple「株価」より

 

◆取引詳細

f:id:naonaokurokuro:20210210105657j:image

出典:SBI証券注文履歴より

・売却銘柄について

売却したのは、通信銘柄とアサナ、そしてグローバルペイメンツです。

大手通信銘柄については、5Gへの期待がありますので、ベライゾンコミュニケーションズとAT&Tを保有しておりますが、大きな金額を入れておく必要もなく、この値動きなら現金で保有している方が良くない?と思いました。現金にもインフレリスクはありますが、バブルの時期に一定数保持するのは悪いことではないと考えます。また、大手通信銘柄は高配当な点が魅力ですが、権利確定までにまだ2ヶ月程度ありますので、それまで保有しておく必要はないなと考えました。

アサナに関しては、40ドル超えたら売ろうと考えていました。というのも、この銘柄も1月に大きく上昇した銘柄のため、長く保有するつもりがありませんでした。もちろん優れたソフトウェアで今後の成長を期待するというのは気持ち的にありますが、取得価格が高い状態で、暴落されてしまっては困ります。そのため、暴落されてしまってはナンピンしたとしても、元の価格まで戻ってくるのに複数年単位かかる可能性が高いです。取得価格が低ければキープできますが、高いものは売却の選択肢を常に持っています。そのため、ここ最近は特にちょこちょこ利確する動きを取る傾向にあります。

 

グローバルペイメンツについては、本当であれば長期保有すべきかなと考えていました。。この銘柄を売ったのはあまり論理的ではないです。そのため、これは全くもって参考にならないくだらないミスです。。。

 

・購入銘柄について

購入銘柄は、取引所銘柄と割安成長銘柄です。

前者はナスダック取引所($NDAQ)。後者はセンティーン($CNC)とトラストフィナンシャル($TFC)です。

ナスダックに関しては元々購入予定でした。理由については以下をご参照ください。

センティーンとトラストフィナンシャルについては、SBI証券のスクリーニング機能を使って見つけました。スクリーニングした項目はこちらです。

f:id:naonaokurokuro:20210210115459j:image

出典:SBI証券「スクリーナー」より

今回は昨年と今年の売上成長率が10%以上である事、PERが30倍未満であることを条件にスクリーニングをかけました。これによって、成長していて、純利益が少なくとも出ていて、割高に評価されすぎていない銘柄を見つけ出しています。

事業内容の確認もしますが、最も重要なのは「展開しているサービスに需要はありますか?」という事ですので、そこは売上成長率から見ても問題ないと判断しました。というのも、両銘柄ともに予想売上成長率が40%を超えているからです。今回はかなり機械的に選択しましたが、バブルの傾向がある以上、事業を見て妄想を膨らませることはやめようと思い、数字を特に見て判断することにしました。

 

◆今後の投資方針

今後については一旦保有銘柄の動向をもとに考えていきます。今のところ、プラス方面にずっと推移しているので、組み替えもそろそろ抑えようかなと思っています。

現預金も1万ドル以上ある状態なので、もう少し銘柄を購入するか、保有株を買い増しするかは検討したいと思います。


以上、米国株の運用実績及び取引詳細でした!

 

前日の運用実績はこちら!

1月の投資実績サマリーはこちら!