【1月26日】米国株の運用実績及び取引詳細

 

◆成績サマリー

運用総額 :8,212,745円

前日比  :    -43,301円

今週初日比:   +96,890円

f:id:naonaokurokuro:20210127132930j:image

出典:SBI証券口座サマリーより

  • プラス要因

今回のプラス要因は、先日購入したブラジルの証券:XPや米国の大手通信会社:AT&T、決算が良くなかった大手ITコンサル及びソフトウェア開発:IBM、そして中国のオンラインマッチングサービス:MOMOが伸びてくれたことにあります。AT&Tは本日決算なので、期待上げなのかなと思っています。そもそもここ最近ずっと株価が優れていないですし…。

IBMは決算からの立ち直り、MOMOは好決算によるコロナ禍の割安状態からの脱却だと感じています。

  • マイナス要因

今回特に優れなかったのは、パランティアテクノロジーズ($PLTR)とアップフィンテックHD($TIGR)、エヌシーノ($NCNO)、スクエア($SQ)、マイムキャスト($MIME)といったグロース銘柄の面々でした。単純に最近上りすぎな様相を呈していた$PLTRと$TIGRはまだしも、最近底値から戻してきた$NCNOが下がる必要あるのかなと?とは思っています。

最近、ハイテク大手への流れが大きいなと感じます。決算も力強く安定感抜群のGAFAMへ特に流れてますね。そんな企業群の株価が伸びていれば、そちらに向かいますよね…。ボラティリティも低いですし…。ただ、上記のグロース株もしっかり伸びてくれると考えて保有していますし、すでに利益を大幅に出してくれている銘柄も保有数は減らすでしょうが、完全に売り切ることは少ないんじゃないかなと考えています。

 

◆取引詳細

f:id:naonaokurokuro:20210127133545j:image

出典:SBI証券取引履歴より

  • 売却銘柄について

今回売却した銘柄は、ヤトセンホールディングス、スミスマイクロソフトウェア、ONEOK、セールスフォース(一部)の4つです。

売却目的としては、①キャッシュの確保、②ベライゾンへの追加投資資金の確保の2点です。

ヤトセンについては常に値動きが激しいので、常に確認しており、安くなれば買い、高くなれば売るをしているだけです。コロナ禍のため、まだまだ化粧品銘柄を長期で保有する方向には個人的にはいけません。。また、IPOして1年以内の銘柄というところもあり、注目はしておりますが、上場時の評価が高いところもあり、もっと下がらないと長期保有にはならないなと考えています。とりあえず期待収益を超えたら売るという機械的な形になってしまってますね。

スミスマイクロソフトウェアは、コロナ禍でもしっかり成長してきた銘柄でまだまだ時価総額が低い銘柄です。将来的な成長期待がありましたが、この時期の大きな株価上昇は少し懸念すべき要因だなと考えて売却しました。個人的にはコロナ禍に大幅値上がりしたものは長期保有すべきでないと考えているので、次暴落した時にはしっかり購入して長期保有したいと思っています。

ONEOKはずっと保有してきた銘柄で配当もしっかり出してくれます。配当性向が100%超えていて、ヤバいなぁと個人的には思っておりました、しかし、業績と株価があまりにもリンクせず、株価が著しく下がっていたので購入して放置していました。期待収益はずっと超えていてくれたのでいつ売っても良い状況でしたし、今は現金を保有していたかったので売る流れとなりました。

セールスフォースに関しては、本当であればずっと保有し続けておきたい銘柄です。しかし、ここ最近のIaaS系の上昇がある中、セールスフォースだけは燻っていました。また、セールスフォースはコロナ禍にグイッと上がった銘柄でもあるので、少し懸念している状態でした。そのため、この銘柄は一部保有しつつ、値下がりしたタイミングで爆買いしようと考えました。セールスフォースはマイクロソフトに並べる銘柄になると信じていますが、できるかなり安く買いたいのです。

 

  • 購入銘柄について

今回購入したのは、ベライゾンコミュニケーションズとアメリカンエクスプレスの超大手2銘柄です。

両銘柄ともに決算発表がありました。どちらもアナリスト予測を上回っていましたが、残念ながら株価は下落した。株主の皆さんはアナリスト予測よりももう少し良いと考えていたということですかね。個人的にはアナリストよりも正確な財務データを予測することは不可能だと考えているので、期待が大きかったということですかね…。個人的には、今後の売上については5Gがより貢献してくると思うので心配していません。そのため、買い時になったと考えて少しばかり購入しました。

f:id:naonaokurokuro:20210127140345j:image

ベライゾンコミュニケーションズ」決算資料よりhttps://www.verizon.com/about/news/verizon-ends-2020-strong-earnings-and-cash-flow-and-increased-wireless-service-revenue-growth

アメリカンエクスプレスについては、旅行等の消費行動がワクチン接種後に出てきてくれれば大きく上がってくれると判断して購入しました。もう少し安く買いたかったという想いもありますが、とりあえず10万円ちょいなのでそんなに気にしていません。

ただ、今後のためにもしっかり保有しながら値動きと関連ニュースを確認していこうと思います。

 

◆今後の投資方針

前日と同様でグロース株を売却しつつ、成長している大手銘柄、もしくは安定している配当銘柄を保有していく流れは変わらないかなと思っています。

 

以上!米国株の運用実績及び取引詳細でした!