【1月22日】米国株の運用実績

 

◆サマリー

運用総額: 8,115,855円

前日比 :  +85,320円

週初日比:+205,316円

月初日比:+757,263円

f:id:naonaokurokuro:20210123094956j:image

出典:SBI証券口座サマリーより

 

◆取引サマリー&詳細

・サマリー

  • 大手通信銘柄の一部売却
  • エネルギー関連銘柄の売却
  • グロース株の少額購入
  • フィンテック銘柄の追加購入

・詳細

f:id:naonaokurokuro:20210123095030j:image

出典:SBI証券注文履歴より

大手通信銘柄の一部売却

AT&Tベライゾンコミュニケーションズ、ボーダフォンの一部とチャーターコミュニケーションズの全株式を売却しました。この理由としては、5Gへの期待はありますが、やはり売上成長があまりにも予想でも良くないからです。当初は高い配当金をもらいながら、5G収益を見込んでホールドしていけば良いだろうと思っておりました。しかし、これら4つの銘柄で800程度の運用総額の4割程度を占めておりました。私がバフェット並みの運用額があるなら、配当もらってゆったりできますが、仮にもらえても4社合計で30万程度です。(貰える方ですが…。)私の運用成績から考えると、少ないと感じました。その機会損失を取り戻すため、通信銘柄を一部売却することにしました。

一部売却にした理由としては、やはり元々の期待が高いこととボラティリティを抑えるためです。寡占化している業界銘柄は非常に安定しており、しかも通信であれば今後の成長も少し見込めるということでホールドしたます。しかし、この一部保有の状態は暴落時のダメージ最小化だけでなく、暴落銘柄の爆買いのためでもあります。

エネルギー関連銘柄の売却

昨日の売却タイミングは非常に悪かったですが、そもそも石油関連銘柄からは少し足を抜きたいなと思っていた次第です。そのため、石油関連ETFを全て売却しました。特にオクシデンタルペトロリアムについては決算や配当に関する不満があるため、利益も出ているので一部売却しました。

グロース株の少額購入

C3aiとエヌシーノ、Boxを少額ずつ購入しました。全て10万円以下もしくはその程度です。これは私の癖なのですが、いきなり大きい金額をグロースカブに入れるのではなくて、少額入れて動きを見ながら、利益がそこそこ出たタイミングで買い増すんです。今のところ、この方法でミスはあまり起きてません。動きがあまりにもそぐわないとすぐに撤退しますし、大きく動いたとしてもせいぜい2万円程度の損失です。

上記の動きをすることから、後払いサービスを展開するアファームHDは売却していますね。理由は単純で動きが読めなかったからです。きちんと利益が出る水準で売れたことも良かったです。

エヌシーノに関しては、元々大きく期待しているところがあるので、買い増しをした次第です。前に記事にしたことがあるのですが、とりあえず私の中で人気です笑

フィンテック銘柄の追加購入

これはフィサーブとグローバルペイメンツ、スクエア、アップフィンテックHDのことです。アップフィンテックHDを除く3社はもちろん超大手ですが、まだまだ成長が期待されています。特にキャッシュレスの流れについて非常に強い3社なのと決算での売り上げの伸びがサバらしいので買いました。

スクエアは今回仮想通貨関連で下落しておりますが、彼らの多くの資産はキャッシュレス決済サービスですし、ビットコインへの将来的な期待も込めて買っています。ビットコインに直接投資するよりも安泰ですしね。

アップフィンテックHDについては、そろそろ買い増そうかなと思っていたところです。そもそも5.26ドルでずっと保有していました。ビビリなので、2〜3倍以上になったら少しずつ買おうと思って狙っていました。そしたら、一昨日大きく上がってしまったので困りましたが、昨日は下がっていましたので、購入価格を10.5ドル以下に抑えて買おうと思いました。何故10.5ドル以下かというと元々の保有額のちょうど倍で下落されたとしても、ここまでは落ちてこないだろうと想定しているからです。まぁこれは残念ながら感覚です。あんまり良くありませんが笑

ただ、撤退も買い増しもしっかり判断できる保有数と金額なので、良しとしましょう!

 

以上!米国株運用実績でした!